通勤時間は無駄じゃない【年間500時間を有意義に過ごす方法】

こんにちは、タツキ(@tatsuki_desuyo)です。

◆通勤時間を有意義に過ごしたい

◆通勤時間を無駄にしたくない

こういった方向けの記事になります。

通勤時間は、片道1時間と考えると、年間で500時間弱は通勤に使っていることになります。

この時間を無駄に過ごすか、有意義に過ごすかで、自分の人生が大きく変わってくると思います。

物理的に、家を職場の近くにすれば通勤時間は短くなりますが、上を見ればきりがないし、職場の近くほど家賃とかも高くなる傾向があります。

そこで本記事では、通勤時間を有意義にすることによって、通勤時間を体感的に短くする方法をご紹介していきます。

通勤時間の無駄を有意義にする読書

読書は通勤時間を有意義に過ごすためのオーソドックスな方法です。

今ではスマホやタブレットでも本が読めるので、混んでいる電車などでも読書をすることができます。

AmazonのKindle Unlimitedは定額の毎月980円で本が読み放題です。

少し前に話題になった著者の本などが読み放題なので、ぜひ登録してみてください。

読書という知的生産で、通勤時間を有意義に過ごすことができます。

通勤時間の無駄を有意義にするニュースチェック

ニュースをチェックして世の中の動向などをキャッチアップしていきましょう。

今の若者で毎日ニュースチェックをしている人は、約半分程度です。

毎日、10分でも20分でもニュースチェックをすることで、今の若者の半分以上になることができます。

SmartNewsやグノシーなどの無料アプリのニュースでも良いので、世の中の動きはある程度把握しておくようにしましょう。

IT企業に勤めている人や、ITに興味のある人はTechCrunchなどもおすすめです。

通勤時間の無駄を有意義にするマインドフルネス

マインドフルネスをして、自分の心と体に注意を向けることで、日常の些細な変化に気が付くことができます。

マインドフルネスを実践すると生産性が向上するということは様々な書籍でも紹介されています。

最近疲れ気味な人や、注意力が散漫な人は、マインドフルネスをして、ここにある感覚を身に着けてみて下さい。

いつものストレスフルな通勤時間が、少し違ったものになるかもしれません。

通勤時間の無駄を有意義にするブログ執筆

ブロガーなら通勤時間は記事を執筆するのに良い時間です。

通勤時間である程度の土台を作りつつ、家に帰ったらパソコンの方がやりやすい作業をやりましょう。

GoogleAdSenseの広告貼り付け作業や、画像の編集などはパソコンの方がやりやすいですよね。

僕は、通勤時間である程度、ブログを完成させるので、家に帰ってからの作業は30分程度です。

今何をやったら一番効率が良いかを考えて、ブログの執筆をしていきましょう。

通勤時間の無駄を有意義にする映画や動画

スポーツが好きな人ならDAZNでスポーツの動画を見たり、映画が好きな人ならAmazonプライムビデオで映画を見たりすると、通勤時間の無駄を有意義にすることが出来ます。

通勤時間が往復2時間ある人は、1日に映画を一本観れることになりますよね。

ただダラダラとYouTubeを見るんじゃなくて、名作と言われている映画などを観た方が自分のためになります。

おすすめは、ショーシャンクの空に、イエスマン、グラントリノあたりです。

イエスマンなんかはユーモアがあって面白いけど、メッセージ性のある映画ですし、他の二つは人生を考えされられるいい映画って感じです。

ぜひ一度、ご覧になってください。

明日から通勤時間を有意義に

通勤時間は満員電車のストレスや、これから会社に行かなきゃいけないというところに目を向けると、確かに無駄な時間に思えます。

でも、その時間を自分の趣味の時間や、為になる生産的な活動に充てることで無駄だと思っていた時間を有意義にすることができます。

毎日の通勤の風景を見ている感じだと、4人に1人くらいしか、有意義に時間を使えていないと思います。

と言うことは、通勤時間を活用することで、社会人の上位25%に入ることができるのです。

思い立ったら即行動で、明日から始めていきましょう。

最後に、サラリーマンの自己投資については以下の記事で紹介していますので、併せてご覧ください。

20代サラリーマンにおすすめの自己投資術

今日はここまでです。

ご覧いただきありがとうございました。