社会人になっても旅行に行く頻度を上げる方法

こんにちは、タツキ(@tatsuki_desuyo)です。

今回は、「社会人×旅行」というテーマで記事を書いていきたいと思います。

社会人になると、まとまった時間を取れずに旅行に行きづらくなるイメージがあると思います。

実際に、僕もそんなイメージを何となく持っていましたが、2019年は以下の8回旅行に行くことができました。

◆出雲・松江一人旅

◆台湾一人旅

◆軽井沢コテージ旅行

◆西日本をレンタカーで周遊の旅

◆金沢ヒッチハイク

◆トルコ7日間

◆鬼怒川温泉

◆会津若松一人旅

本記事では、社会人になっても旅行に行く頻度を高くする方法についてご紹介していきます。

社会人は意外と旅行に行ける

社会人になってから思ったことは、自分の強い意志があれば意外と旅行に行くことができるということ。

現に僕も2019年は8回の旅行に行きましたし(9回目は年末にフィリピンへ一人旅の予定)、周りの人を見ていても、年に4~5回は旅行に行けていると思います。

もちろん会社の休みの取りやすさは一概には言えませんが、労働者の権利はしっかりと主張して自分が好きな旅行に行きましょう。

自分が一週間旅行に行ってても仕事はまわる

そして悲しいことに、自分が一週間旅行に行っても会社の仕事は絶対にまわります。

もし、周りの人に迷惑をかけるのではないかという後ろめたさがあるなら心配無用です。

めちゃくちゃな迷惑をかけることはめったにありませんし、一週間いなくなったくらいで仕事がまわらない会社なら相当やばいので、早めに見切りをつけた方が良いです。

もう一度言いますが、自分が一週間いなくても会社の仕事はまわります。

社会人が旅行に行く頻度を増やす方法【考え方編】

社会人が旅行に行く頻度を増やす方法についてご紹介していきます。

◆休みは1か月以上前から宣言する

◆友人との予定は2か月以上前から合わせる

◆一人で旅行に行く

順に紹介していきます。

休みは1か月以上前から宣言する

休みができたら旅行に行こうと考えているようでは、急な仕事やプライベートの予定などでいつまで経っても旅行に行くことはできません。

旅行に行きたいと思ったら、具体的な日程をすぐに決めて手帳に書いてしまいましょう。

社内で共有のスケジュール帳などがあればそこにも予定を書き込んでおき、旅行に行くと宣言すれば、急な仕事も入りづらくなります。

休日に仕事をしたければ仕事をすればいいですし、旅行をしたければ旅行をすればいいと思います。

友人との予定は2か月以上前から合わせる

同じ会社の友人なら予定を合わせやすいですが、違う会社の友人と旅行に行く際は、2か月以上前から予定を合わせておきましょう。

社会人の旅行は大型連休に行くことになりがちですが、できるだけ有給休暇などを使って安い日程で行けると、旅行に行く頻度が上がります。

一人で旅行に行く

それでもなかなか予定が合わないときは、一人で旅行に行くことをおすすめします。

僕も社会人になってから初めて一人で旅行に行きましたが、行ってみると何とかなりますし、とても楽しむことができます。

友人とワイワイする時とはまた違った楽しさがありますよ。

【ワンランク上の大人の趣味】一人旅行の楽しみ方をご紹介

社会人が旅行に行く頻度を増やす方法【お金編】

旅行に行く頻度を上げるためには、一回の旅行の予算をいかに抑えることができるかにかかっています。

もちろん、旅先でケチケチしていたら旅行を思う存分楽しむことはできないので、ここでは旅行に行くまでの予算の抑え方ついてご紹介していきます。

◆マイルの特典航空券で旅行に行く

◆LCCを利用する

◆有給休暇を効率的に使う

順に紹介していきます。

マイルの特典航空券で旅行に行く

一番簡単に予算を抑える方法は、マイルを貯めて特典航空券で旅行に行くこと。

一年間クレジットカードを使用すれば、一回や二回は海外旅行に行くことができるようになります。

僕は一年間ANAのソラチカカードを使用していたら、以下の特典航空券と交換することができました。

◆マニラのビジネスクラス往復航空券

◆韓国のエコノミークラス往復航空券

【初心者はこれで決まり】マイルが貯まるクレジットカード

LCCを利用する

旅行で一番お金がかかるのが交通費でして、特に飛行機を利用するとなると予算が高くなりがちです。

移動にこだわりがないのであれば、LCCを利用して、少しでも移動のコストを下げましょう。

大手航空会社の約半額の値段で飛行機に乗ることができます。

※下記の記事でLCCについてご紹介しているので、航空券を安く買いたい方はチェックしてみてください。

安く旅行したい人にLCCがおすすめな理由

有給休暇を効率的に使う

例えば、金曜日に有給休暇を使って旅行に行けば、土曜日から旅行に行くより予算を抑えることができます。

また、金曜日に有給休暇を使い、木曜日の深夜の便などで旅行するとさらに航空券は安くなります。

有給休暇を効率的に使って、少しでも人と違った時間に移動できるようにしましょう。

社会人こそ旅行に行こう

以上が、社会人が旅行に行く頻度を上げるための方法についてご紹介でした。

大学生の時はあれだけ旅行に行ってバカしてたのに、社会人という肩書をもった瞬間に旅行に行く人が減ってしまうのは本当に悲しいです。

僕が一番伝えたいのは、考え方やお金の工面次第で社会人でもいくらでも旅行に行くことができるということ。

老後の仕事が終わった後とか言わずに、旅行に行った経験が今後の人生の糧になる若いうちにたくさんの人に旅行に行ってほしいです。

本記事が、社会人になっても自分の趣味を存分に楽しむためのヒントになれば嬉しいです。

最後に、読んだら今すぐに旅に行きたくなるような僕の推薦図書をご紹介して終わりにしたいと思います。

今日はここまで。

ご覧いただきありがとうございました!