【シンガポール旅行記】近代化された都市で贅沢な旅を楽しむ

こんにちは、タツキ(@tatsuki_desuyo)です。

ちょっと前に、3泊4日でシンガポールに旅行をしてきました。

シンガポールは東南アジアの中でもかなり発展していて、治安も良く遊ぶ場所もたくさんあります。

有名なところで言うと、マーライオンやマリーナベイサンズなどがありますが、シンガポールの魅力はそれだけではありません。

本記事では、3泊4日のシンガポール旅行記を通して、みなさんにシンガポールの魅力を伝えていけたらと思います。

 

シンガポール旅行記Day1:(マーライオン→マリーナベイサンズ→近辺散策)

初日は、エアアジアでクアラルンプールまで行き、そこから乗り換えてシンガポールに行きます。

直行便だと値段が高いですが、クアラルンプールを経由することでだいぶ安く抑えることができました。

海外旅行に安くいくために知っておくべきこと

ホテルに荷物を置いて、さっそくマーライオンとマリーナベイサンズに繰り出します。

シンガポールは地下鉄が発達しているので、移動には全く困りません。

ちなみに、シンガポールの地下鉄は、飲食が禁止で、見つかると500$の罰金を取られますので注意してください。

その後は、シンガポールの街並みを楽しみます。

旅行の初日は、時差ボケや移動の疲れを取るために、ホテルから近場の観光地に行き、その後近くをぶらぶらするのがデフォルトになっています。

マッサージをしてもらって疲れを取り、明日からの観光に備えます。

シンガポールの物価は日本と同じか、やや高いくらいですが、マッサージに関しては1時間2000円ちょっとで利用することができました。

初日は贅沢をして、「The Royals Steakhouse」でステーキをいただきました。

https://goo.gl/maps/3D1gt2LHJj6EnRAb6

シンガポールでは、西洋の料理や、東南アジアの料理、中華料理など様々な料理を楽しむことができます。

もちろん、日本食レストランも数多くあります。

シンガポール旅行記Day2:(カトン→FUTURE WORLD→セラヴィ) 

2日目はシンガポールの中心街から少し離れたところにあるカトンに向かいます。

カラフルな建物がたくさんある通りの、クーン・セン・ロードです。

かなり綺麗な写真を撮ることができるので、女子に人気の行き先になっています。

お昼は、 有名な天天海南雞飯のチキンライスをいただきます。

チキンスライスとチキンスープとチキンライスというチキン三昧を楽しみました。

シンガポールは料理がいまいちという話を聞きますが、まったくそんなことないと思います。

https://goo.gl/maps/9r3w8A3vDHgNonuNA

その後は、マリーナベイサンズの近くにある、チームラボの常設展、FUTURE WORLDに行ってきました。

90分ほどで一通り楽しむことができます。

美術と科学をコンセプトにしている美術館だったので、アートがわからない僕でも楽しむことができました。

カップルや子連れの方が多かった気がします。

とにかくインスタ映えの写真を撮りたい方におすすめ。

夜はマリーナベイサンズのクラブラウンジのセラヴィに行きました。

マリーナベイサンズに泊まらなくても、屋上からの綺麗な夜景とおいしいドリンクを20$くらいで楽しむことができます。

詳しくは以下の記事で紹介していますので、ちょっと贅沢な経験をしたい人は是非行ってみてください。

めちゃくちゃ最高の経験をすることができました。

【シンガポール旅行記】マリーナベイサンズに泊まらなくても最高の夜景を見る方法

シンガポール旅行記Day3:(USS→セントーサ島→ナイトサファリ)

3日目はセントーサ島にあるユニバーサルスタジオシンガポールに行きました。

平日でめちゃくちゃ空いていましたし、ユニバーサルスタジオシンガポール自体がコンパクトな造りになっているので、半日くらいで様々なアトラクションを楽しむことができました。

予算や楽しみ方に合わせたチケットがあるのが良いですね。

・エクスプレスパス:50$

各アトラクション1度のみ利用可能

・ユニバーサルエクスプレス・アンリミテッド:80ドル

各アトラクション何度でも利用可能

続いては、セントーサ島を周遊します。

セントーサ島にはユニバーサルスタジオシンガポールやショッピングモール、カジノやウォーターパークなどがあり、島全体が一つのテーマパークになっています。

僕は、ユニバーサルスタジオシンガポールを満喫した後に、カジノに行きました。

カジノに行ったのはいいのですが、ミニマムのレートが50$(約4000円)だったので、予算的に厳しくなって帰ってきてしまいました。

次回は、シンガポールのカジノで遊べるくらい稼いでから行きたいと思います。

3日目の最後は、夜しか営業していない動物園のナイトサファリに行きました。

トラムに乗って園内をまわるのですが、動物との距離が近くて迫力満点です。

また、飼育員さんと動物たちとのショーは本当にクオリティが高く、なかなか良いものを見ることができました。

お客さんの中からランダムで人を選んで、蛇を首に巻くというパフォーマンスもありました。

流石に蛇を首に巻くことは躊躇してしまいました。。。

その次の日の朝の便で日本まで帰りました。

最後の最後まで思う存分、シンガポールを楽しむことができました。

近代化都市、シンガポール旅行を終えて

以上が、3泊4日のシンガポールの旅行記の紹介でした。

日本からは約7時間程度と、少し距離はありますが、比較的旅行に行きやすいシンガポール。

治安が良く、遊ぶところもたくさんあるので、家族連れや、カップルなどの旅行先としておすすめです。

日本にいたら体験することができない、非現実的な贅沢を体験することができますよ。

最後に、海外旅行時の便利グッズについては以下の記事で紹介しています。

併せてご覧ください。

◆海外旅行時の便利グッズについて

【2020年版】僕が海外旅行に持って行くおすすめの便利アイテムたち

シンガポールは総じて綺麗なお店が多いですが、トイレに入る際や床が汚い時に、クリッパバッグハンガーがあると荷物が汚れずにすみます。

【バッグの相棒】クリッパバッグハンガーを使用したレビュー

また、急な天気の変化にはマウンテンパーカーがあると心強いです。

【軽くて防水のものを】海外旅行におすすめのマウンテンパーカー

今日はここまで。

ご覧いただきありがとうございました!