【会社員×旅行】サラリーマントラベラーになるための考え方

こんにちは、タツキ(@tatsuki_desuyo)です。

2019年はサラリーマンとしてフルタイムで働きながら、国内外合わせて10回近く旅行に行くことができました。

平均すると月に一回くらいは旅行に行っている計算になります。

友人や家族からなんでそんなにたくさん旅行に行けるの?ということを聞かれるので、ここで答えていきたいと思います。

◆会社員で旅行に行く時間がない

◆今よりも旅行に行きたい

こういった方の少しでもお役に立てれば幸いです。

これまでのサラリーマントラベルのスケジュール

2019年に僕がサラリーマンとしてフルタイムで働きつつ行った旅行について簡単に紹介します。

・台湾2泊3日ひとり人旅

・サンライズ出雲で島根県1泊3日ひとり旅

・軽井沢1泊2日の旅

・レンタカーで西日本7日間の旅

・ヒッチハイクで金沢1泊2日の旅

・トルコ4泊6日の旅

・鬼怒川1泊2日の旅

・会津若松日帰りひとり旅

・マニラ1泊2日ひとり旅

などなど、他の日帰り旅行を含めればもう少し増えると思いますが、2019年だけでも10回近く旅行に行くことができました。

2020年は1月にマレーシアに行くことが決まっていまして、サラリーマントラベラーとして幸先の良いスタートが切れると思っています。

サラリーマントラベラーとして時間を作る

サラリーマンが旅行に行く時に一番の障壁となるのが時間です。

社会人になるとお金があるけど時間がないということをよく聞くかと思います。

そんな時間のないサラリーマンが旅行に行く時間を作る方法としては、

◆休みやすい会社に入る

◆旅行に行くキャラを定着させる

◆航空券を予約してしまう

の3つの方法があります。

リーマントラベラーの時間術①休みやすい会社に入る

もし、サラリーマンとして働きながらたくさん旅行がしたいと考えているなら、休みに理解のある会社に入ることが大前提です。

◆有給休暇の消化率

◆長期休暇が取れるかどうか

こういった点を意識して会社選びをしましょう。

今の時代インターネット上にたくさん情報が転がっているので、なんとなくの目星をつけることはできます。

リーマントラベラーの時間術②旅行キャラを定着させる

普段から旅行のことを話したり、職場にお土産を配ったりして旅行に行くキャラを定着させます。

最初はなかなか勇気のいる事ですが、周りの人もだんだん慣れていきます。

もちろん自分の仕事はしっかりとこなして他人に迷惑がかからないようにする事が絶対条件。

その上で旅行に行くキャラを定着させましょう。

リーマントラベラーの時間術③航空券を予約してしまう

人間、多額のお金が無駄になることを考えるとめちゃくちゃ本気になります。

休みが取れたら旅行に行こうという考えだといつまでたっても旅行に行くことはできません。

航空券を予約してしまうと緊張感が増して、結果、仕事が早く終わることも多々あります。

サラリーマントラベラーとして旅行資金を貯める方法

サラリーマンをやりながらたくさん旅行に行くためには、お金を貯めなければいけません。

普通に働いていれば年に2、3回旅行に行けるくらいのお金がたまるかもしれませんが、それだと旅行好きとしては物足りません。

リーマントラベラーの節約術①飲み会に行かない

一番手取り早く貯金する方法は、飲み会に行かないこと。

二次会まで行ったりすれば軽く5000円以上は飛んでいきます。

◆飲み会は月2回まで

◆二次会には行かない

◆仲の良い友達とは宅飲み

などなど飲み会のお金を減らす方法はいくらでもあります。

無駄な飲み会にお金を使うより家に帰って次の旅行の計画を立てたり、ブログを書いたりする方がよっぽど生産的です。

リーマントラベラーの節約術②旅行貯金をする

普通の貯金とは別に、旅行専用の積み立て貯金をすることをおすすめします。

僕の場合は年間80万円近くを旅行に使っているので、月々3万円の貯金+ボーナスって感じでやりくりしてます。

ここまで使わないにしても、月々1万円ほど貯めればハワイに余裕で行けるくらいの値段が貯まります。

そして、貯金を続けるコツは一人でやらないこと。

一緒に旅行に行く友人でも彼女でも良いので、一緒に頑張ってくれる人を見つけましょう。

リーマントラベラーの節約術③マイルを有効活用

旅行好きな方はマイルの貯まりやすいクレジットカードを作って旅行するとめちゃくちゃ旅行の費用が安くなります。

◆マニラのビジネスクラス航空券

◆台湾のエコノミークラス航空券

1年間、ANAのソラチカカードを使っていたら上記の旅行に行けるくらいマイルを貯めることができました。

ANAのソラチカカードについては以下の記事で紹介していますので、合わせてご覧ください。

【初心者はこれで決まり】マイルが貯まるクレジットカード

サラリーマントラベラーの良いところ・大変なところ

サラリーマントラベラーは良いところがたくさんありますが、その分大変なこともあります。

サラリーマントラベラーの良いところ

社会人を言い訳に自分の好きなことをあきらめなくてよいところが、サラリーマントラベラーのいいところだと思います。

社会人になると長期間の旅行や海外旅行は行けなくなると思っていましたが、サラリーマントラベラーになったおかげで思っていた以上に旅行に行くことができています。

また、学生時代の旅行と違って、お金を気にする必要がなくなりました。

今でも貧乏旅行はやりますが、カジノで遊んだり高いお酒を飲んだりと楽しみ方の幅が広がった気がします。

サラリーマントラベラーの大変なところ

自分一人の予定ならまだしも、友人や彼女との予定を立てるところが大変です。

冒頭で紹介した通り、中には予定が合わずに一人旅になることもあります。

一人旅でも楽しめる経験とマインドがない人にはサラリーマントラベラーは厳しいかもしれません。

【ワンランク上の大人の趣味】一人旅行の楽しみ方をご紹介

サラリーマントラベラーにおすすめの旅行先

続いては、リーマントラベラーにおすすめの旅行先についてご紹介します。

基本的には2泊3日以内で楽しめる場所がおすすめで、場合によっては泊まらずに帰ってくるという強行日程もあります。

リーマントラベラーの旅先①韓国

一番近い海外の韓国。

中国地方や九州地方の方なら2時間かからずに行くことができるので、時間がないリーマントラベラーにとってはありがたい旅先です。

料理が美味しく日本語を喋れる人も多いので、初めてのリーマントラベルの旅先としてぴったり。

物価もそれほど高くないので、お財布にも優しいです。

リーマントラベラーの旅先②台湾

台湾も東京から4時間弱で行けるので、週末のリーマントラベルの旅先におすすめ。

本当にご飯が美味しくてしかも安いので、グルメ旅行にピッタリです。

LCCも多数就航しているので費用も抑えることができます。

【台湾サラリーマン一人旅】心ゆくまで自分の好きを楽しむ旅

リーマントラベラーの旅先③マニラ

意外と穴場なのがフィリピンのマニラ。

こちらも4時間弱で行くことができます。

まだまだ発展途中の国なので、東南アジアのカオスな感じを味わいたい人におすすめ。

治安があまり良くないので、夜遅くに出歩かないようにしましょう。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

【週末にふらりと一人旅】マニラ1泊2日のモデルコースをご紹介

リーマントラベラーの旅先④ウラジオストク

こちらも穴場のウラジオストク。

ロシアの都市ですが、韓国と同じくらいの時間で行くことができます。

シベリア鉄道の終着駅として有名で、モスクワに行くまでなんと7日間かかります。

今年のマイル旅はウラジオストク!って何となく決めているところです。

サラリーマントラベラー必須の持ち物

カメラ(FUJIFILM X-T100)

サラリーマントラベラーは一人旅が多くなってしまうので、一人でも楽しめるようカメラを持って行くことをおすすめします。

僕の愛用は、FUJIFILMのX-T100。

画質・軽さ・デザインともに最高のカメラだと思っています。

詳しくは以下の記事で紹介しているので、合わせてご覧になってください。

【作例あり】FUJIFILM X-T100を使用した感想

SIMフリースマホ(iPhone)

SIMフリースマホに現地のSIMを入れればいつでもどこでもインターネットに接続することができます。

LINEやTwitterなどのSNSも日本にいるときと同様に使えるので、一度SIMを使ってしまうとSIM抜きでは過ごせなくなります。

ノイズキャンセリング付きヘッドフォン(SONY)

ノイズキャンセリング付きヘッドフォンがあれば、飛行機の轟音や他人のいびきなどが全く気にならなくなります。

最初にヘッドフォンを着けたときは、本当にこの世から音が無くなりびっくりしたのを覚えています。

若干かさばってしまいますが、イヤフォンよりもノイズキャンセリング機能の性能が格段に上なので持って行く価値ありです。

サラリーマントラベラーになろう

今の時代個人で稼ぐ力が重要だと言われていて、その言葉を真に受けていきなり会社を辞めてしまう人がいます。

そういう人たちを否定するわけではありませんが、サラリーマンとしてしっかりと働きながら旅行にたくさん行くことだってできるので、もう少しサラリーマンとしてのメリットを考えてからでも遅くないと思います。

話が少しずれましたが、サラリーマントラベラーとして重要なことは、

◆時間を作る

◆お金を作る

この二点に限ります。

そして時間を作るためには、

◆休みやすい会社に就職する

◆旅行キャラを定着させる

◆航空券を購入してしまう

こういった方法があるということをご紹介しました。

サラリーマントラベラーになるためには、ライフワークバランスに理解のある会社でないと厳しいものがあります。

今一度、自分の行きたいところややりたいことについて考える機会を作ってみてください。

今日はここまでです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!!

僕が旅行時に利用しているおすすめのサービス一覧

僕が旅行に行く際に利用しているおすすめのサービスについてご紹介しておきます。

少しでもコスパ良く快適に旅をするために利用してみてください。

【航空券】スカイスキャナー

旅人なら一度は利用したことがあるであろうスカイスキャナー。

簡単に航空券の最安値を比較して購入することができる。

航空券はスカイスキャナーで購入すれば間違いない。

【ホテル&航空券】エクスペディア

ホテルと航空券をセットで取るならエクスペディアがおすすめ。

CMなどでの宣伝文句の通り、ホテルが実質無料になるようなプランもある。

【クレジットカード】エポスカード

年会費が永年無料のエポスカード。

疫病保険が270万と高額なのも旅行好きにとってはうれしいポイント。

毎回旅行会社の保険に入っている人は、間違いなくこちらのカードの発行がおすすめ。

使わなくても保険代わりに持っておくだけでお得。