【2020年版・厳選して紹介します】本当におすすめのAnker製品5選

こんにちは、タツキ(@tatsuki_desuyo)です。

最近、Anker製品を多く買っているのですが、どれも素晴らしいものばかりで、「はずれたなあ」と思うことがありません。

一つの製品に様々な機能が凝縮されているハイブリッド製品が多いので、結果的に物を減らすこともできます。

そこで本記事では、僕が実際に購入したおすすめのAnker製品をご紹介します。

  • おすすめのAnker製品を知りたい
  • ハイテクなガジェットが欲しい

こういった方の少しでも参考になれば幸いです。

Ankerとは

Ankerは、モバイルバッテリーや急速充電器、スピーカーなどの電子機器の販売を行うハードウェアブランド。

Googleでエンジニアとして働いていた、スティーブン・ヤンが中心となって立ち上げています。

中国の湖南省に本社がありますが、アメリカ・イギリス・ドイツ・日本などにも現地法人があるグローバル企業です。

Anker製品の特長を簡単に表すと、

  • デザインがシンプルでスタイリッシュ
  • 多機能性のある商品が多い
  • 安価

こんな感じで、困ったらAnkerにしておけば間違いないと思います。

Anker製品はグローバルでも評判が良いようでして、オンライン英会話教室のフィリピン人講師と、Anker製品の話題で盛り上がりました。

Anker PowerCoreFusion5000

値段2,899円
重量189g
サイズ72×70×31(mm)
容量5,000mAh
カラーブラック・ホワイト・レッド
パッケージ内容Anker PowerCoreFusion5000、MicroUSBケーブル、トラベルポーチ

まず最初は、Anker製品の代名詞とも言えるモバイルバッテリー「Anker PowerCoreFusion5000

このモバイルバッテリーの素晴らしい点として、

  • 充電器とモバイルバッテリーが一体化している
  • コンセントから直接充電できる

こういった点が挙げられます。

Anker PowerCoreFusion5000があれば、モバイルバッテリー用の充電ケーブルと普通の充電器が要らなくなります。

ミニマリストの人や、物を減らしたい人にとってはかなり嬉しいはず。

コンパクトでスタイリッシュ

デザインは大きめですが、ゴツゴツしすぎずにスタイリッシュです。

また、サイズ感もコンパクトなので、

  • 普段使いとして
  • 旅行や出張のお供として

一つ持っておけば、どんなシーンでも活躍してくれます。

大きさもクレジットカードくらいで持ち運びやすい。

容量

容量は5000mA。

他の同じような値段のモバイルバッテリーと、大差はありません。

大体の目安としては、今僕が使っているiPhone11に2回弱充電することができます。

容量毎の充電可能回数に関しては、だいたい以下の通りです。参考にしてみてください。(iPhone11を充電できる回数)

5000㎃h約1.5回
10000㎃h約3回
20000㎃h約6回

ちなみに海外ではモバイルバッテリーのことを「Power bank」と呼びます。

充電器とモバイルバッテリーのハイブリッド

このモバイルバッテリーは、

  • 充電器の機能
  • モバイルバッテリーの機能

二つの機能を持ち合わせており、コンセントから直接充電可能なハイブリッドな製品です。

この製品を使うことで、

  • モバイルバッテリー充電ケーブルが不要
  • 電源プラグが不要

こういったメリットがあります。

モバイルバッテリー用の充電ケーブルが不要なので、出張や旅行などに忘れてしまって充電できないなんてことも無くなります。

後ほど紹介するBluetoothスピーカーにも言えることですが、Ankerは何個かの機能を一つの製品にまとめるのが上手だと思います。

Anker PowerCoreFusion5000のレビューはこちら

Anker Soundcore Wakey

値段8,999円(2020年5月現在)
カラーブラック・ホワイト・ピンク
重量572g
サイズ200mm×92mm×82mm
オーディオ出力5W×2
端子USB-Aポート、AUX端子、DC端子、FMラジオ端子
Bluetooth規格5.0
FM周波数76.0-90.0MHz

続いてはAnkerのスピーカー、「Anker Soundcore Wakey」

このスピーカーの特徴として、

  • 10Wの大迫力音質
  • Qi対応のワイヤレス充電機能付き
  • USB-Aポートも二つ完備

こういった特徴があります。

特にワイヤレス充電機能はかなり便利でして、iPhone11やBluetoothイヤホンを充電するのに使っています。

ケーブル周りがすっきりしますし、一度使ったら有線の充電には戻れません。

マットでどんな場所にも馴染む

こちらもデザインはスタイリッシュかつシンプルでかっこいい。

最初に見つけたときに、マットで丸みのあるデザインに惹かれて興味を持ちました。

僕は寝室に置いていますが、違和感なく溶け込みます。

前面のディスプレイは部屋の明るさに応じて自動的に調整されるので、昼間でも視認性が高いです。

10Wの迫力サウンド

Anker Soundcore Wakeyには、二つのフルレンジドライバーが搭載されていて、バランスの良いパワフルな音楽を聴くことが可能です。

今までスマートフォンで音楽を聴いていましたが、スピーカーで聞く音楽はまったく音質が違いますね。

小気味のいい感じの音楽が部屋中に響き渡るので、休日に音楽をかけながら過ごすとQOLが上がった気がします。

音を小さめにして、作業時やリモートワーク時のBGMをかけたりするのもおすすめです。

Anker Soundcore Wakeyのレビューはこちら

Anker Soundcore Liberty Air2

値段7,999円
重量53g(充電ケース含む)
再生可能時間最大28時間
通信方式Bluetooth5.0
ノイズキャンセリング機能cVc8.0
防水規格IPX5
充電端子USB Type-C・ワイヤレス充電対応
充電時間約1.5時間(USBケーブル)・約3.5時間(ワイヤレス充電)
カラーブラック・ホワイト

最後に、Bluetoothイヤホンの「Anker Soundcore Liberty Air2」について紹介します。

最大28時間再生可能なパワフルなバッテリーと、優秀なノイズキャンセリング機能を搭載しています。

  • テレビ会議などの際のイヤホンとして
  • 集中したい作業の際は耳栓替わりとして

最近リモートワークが多くなったので、こんな感じでかなり重宝しています。

洗練されたシンプルなデザイン

ケース・イヤホン共に色味やマットな質感が素晴らしく、丸みを帯びてゴツゴツしてないのにスタイリッシュな感じがお気に入りです。

黒が好きな人なら確実に気に入ると思います。

付けていても、耳にしっかりフィットしてかなり良い感じ。

替えのイヤーピースもXSサイズ~XLサイズがあるので、自分にフィットするサイズが確実に見つかります。

ノイズキャンセリング機能

今回購入の決め手となったノイズキャンセリング機能に関しては、本当に素晴らしい。

他人の会話や騒音をかなりシャットアウトしてくれるので、本当に聞きたいことに集中できます。

仕事のビデオ会議などで、よりクリアな通話ができるように。

また、作業時には耳栓としても使えるので、家族と同居している人にもおすすめ。

リモートワークでも作業に集中できます。

総じて、家で仕事をする環境の質が高まりました。

コンパクトで軽い

Anker Soundcore Liberty Air2は、片耳約5g。

充電ケースを含めても53gという軽さです。

かなり軽いうえに、充電機能付きのケースも軽くてコンパクトです。

コードがあるBluetoothイヤホンに比べて、コードレス型は本当に収納しやすい。

イヤホンがかさばらないので、ガジェットポーチにすっきりと収納できますし、コードがないので、絡まったりもしません。

Anker Soundcore Liberty Air2のレビューはこちら

Anker Power Port2 Elite

値段2,090円
重量95g
サイズ61×58×29(mm)
出力最大24W
カラーブラック・ホワイト

基本的なスペックに関しては、上記の通りです。

値段は2,000円程度。

サイズに関してはやや厚さがありますが、大きさ自体はコンパクトなので、小さなバッグにも簡単に入れることができます。

シンプルでコンパクトなデザイン

Anker定番のシンプルコンパクトなデザイン。

コンパクトなのでお出かけや旅行の際にも、ガジェットポーチに収納することが可能です。

Ankerのモバイルバッテリーと比べると、一回り小さめのサイズ感。

重さに関しては、95g

折り畳み式プラグになっているので、バッグの中に入れてもかさばりません。

また、2ポートの急速充電器の中では軽い部類に入るので、持ち運びにも便利。

ちなみに、世界各国の電圧(AC100-240V)に対応しているので、海外旅行が好きな人にもおすすめです。

充電時間が短くなった

この製品を買って一番良かったことは、充電時間が短くなったこと。

最大24Wの急速充電が可能です。

iPhoneXRを充電する時間は、

  • Anker Power Port2 Elite:2時間7分
  • 一般的な充電器:3時間7分

となっているので、普通の充電器より1時間程度早く充電することができます。

今までiPhone同梱のACアダプターを使っていましたが、はっきりと違いを実感することができました。

また、ポートも2つあるので、iPhoneとBluetoothイヤホンを同時に充電することが可能。

今まで別々の充電器で充電していましたが、すっきりと一つにまとめることができました。

耐久性も抜群

表面がかなり頑丈に作られているので、落としたりぶつけたりしても傷はほとんど付きません。

また、汚れが付きにくいような作りになっているので、本来の綺麗な状態を長く保つことができます。

白い充電器は何かと汚れやすいので、嬉しいです。

Anker Power Port2 Eliteの使用レビューはこちら

Anker Power Wave 10 Pad

値段2,000円
重量67g
サイズ100×100×11(mm)
出力最大10W(Android)・最大7.5W(iPhone)
カラーブラック
同梱物Anker Power Wave10 Pad本体、マイクロUSBケーブル

軽くて持ち運びにも便利なワイヤレス充電器「Anker Power Wave10 Pad」

Qi規格に対応している機器を充電することができます。

値段は2,000円と安めの値段で、Amazonではたまにタイムセールを実施しているので、さらに安く買うことができます。

重さは67g、厚さはわずか11mmしかないので、持ち運びにも便利。

シンプルでマットなデザイン

Anker製品安定のシンプルマットなデザイン。

中央にAnkerロゴと、側面にマイクロUSB端子があるのみの作りになっています。

iPhoneやSoundcore Liberty  Air2などを充電してもかなり様になります。

最大10Wの急速充電

Android製品には最大10W、iPhoneには最大7.5Wで充電することが可能。

この数値はワイヤレス充電器の中では、かなり早く充電できる数値です。

 iPhoneXGalaxyS9
Power Wave3.4h3h
他社製品4.6h3.5h

公式サイトによると、1.3~1.4倍ほど充電時間が速くなるとのこと。

実際にiPhone11を0から充電してみましたが、だいたい3時間少しで100%まで充電することができました。

※出力を最大にするためには、iPhone同梱のACアダプターではなく、QC3.0対応のUSB充電器を使う必要があります。

ゴム加工で滑りにくい

滑りにくいようにゴム加工がされているので滑りにくく、充電中に着信などが来ても安心して使うことができます。

ワイヤレス充電器の弱点もしっかりと考えて設計されている、ユーザーエクスペリエンスの高い製品です。

Anker Power Wave10 Padの使用レビューはこちら

Anker 製品の保証について

 

Anker 製品は18か月間、Anker会員なら最大で24か月間の保証を受けることができます。

しかも購入時の注文番号さえあればよいので、

  • 保証書を保管しておく
  • 保証書を郵送する

こういった手間が省けます。

万が一期間内に不具合と思われる事象が発生した場合、新品と交換してくれるサービス付きです。

僕は今まで故障したことはありませんし、Anker製なので頻繁に故障が起きることはないと思いますが、安心して使用することができます。

おすすめのAnker製品のまとめ

以上が僕が愛用している、おすすめのAnker製品についてのご紹介でした。

Anker製品を使用していて思うことは、

  • デザインがシンプルでスタイリッシュ
  • 多機能性のハイブリッドな物が多い
  • バッテリーや充電技術に強みがある

総じてこういった特徴があると思います。

特に個人的には、シンプルでスタイリッシュなデザインが好きで愛用しています。

これからもおすすめの製品があれば随時、アップデートしていきたいと思いますので、たまに覗いてみてください。

※ガジェット好きなあなたは、こちらの記事も併せてご覧ください。

【2020年厳選6選】ガジェット好きな20代男性が絶対に喜ぶプレゼント

◆社会人になってから買ってよかったものについて

【1年目の方へ】社会人になってから買ってよかったおすすめのものを厳選して紹介します

◆カフェに持って行くもの

【リモートワークにも】カフェでパソコン作業するときのおすすめ便利グッズ

◆iPhone周辺機器のおすすめ

【さらに便利に】iPhoneのおすすめ周辺機器・アクセサリー

今日はここまでです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!!